【2019年9月の最新データ】でみるプロミスとアコムの審査通過率は?

プロミスアコムのIR情報サイトにて、2019年7月までの業績資料が更新されました。

前回のご紹介より2ヵ月分のデータが更新されましたので、2019年6月~2019年7月までの最新データを見ていきましょう。

業績資料で何が分かるの?

業績資料はそもそも、株主や投資家向けの資料ですので、一般消費者である私たちにはあまり関係のない資料にも思えます。

しかし、その中にはカードローンへの新規申込数と、その後の新規顧客数が記載されており、そこから成約率も割り出されています。

成約率とはつまり、新規申込から審査に通過し契約に至った割合ですので、ここを見れば各カードローンの審査通過率が分かるわけです。

審査通過率は高ければ高いほど、申込みがしやすいですよね。

プロミスの審査通過率

プロミスの審査通過率 2019年9月 最新データ

月度 新規申込数 成約率
2019年6月 44,097 45.2%
2019年7月 43,330 43.6%

プロミスの2019年6月~7月までの実績です。

申込数は前年度と比較して増加していますが、審査通過率は若干低くなっています。

アコムの審査通過率

アコムの審査通過率 2019年9月 最新データ

月度 新規申込数 成約率
2019年6月 45,670 44.8%
2019年7月 44,975 42.5%

続いてアコムの2019年6月~7月までの実績です。

プロミスとは逆に、昨年度よりも審査通過率が高くなっています。

2社を比較してみると、新規申込数はアコムの方が多いのですが、審査通過率となると、プロミスの方が少しだけ高くなっています。

しかしどちらも2~3人に1人の割合で審査に通過していることは明らかです。

難しそうにも思えるカードローンの審査ですが、2~3人に1人の割合なら申込んでみても大丈夫そうな気がしますね。

カードローンを選ぶ際には、金利や限度額などの情報だけではなく、審査通過率にも注目してみてください。

最短1時間で融資ができる!
  • 瞬フリで最短10秒振込!振込キャッシングは24時間対応OK
  • パート・アルバイトでも安定収入があれば申込OK
  • 無人契約機の設置台数NO1!三井住友銀行の契約機でも利用可能
  • 来店は不要
  • お試し診断
  • おまとめ借り換え
  • 即日融資が可能
  • 土日祝も対応
  • スマホ対応
  • 収入証明が不要
  • 審査が不安な方
実質年率 限度額 審査期間
4.5%~17.8% 1~500万円 最短30分

※限度額50万円以内なら収入証明不要

三菱UFJフィナンシャルグループのアコム
  • 主婦・パート・アルバイトでも借入OK ※専業主婦不可
  • WEB申込みから契約・融資まで出来る
  • 借入可能か3秒診断でまずはチェック
  • 来店は不要
  • お試し診断
  • おまとめ借り換え
  • 即日融資が可能
  • 土日祝も対応
  • スマホ対応
  • 収入証明が不要
  • 審査が不安な方
実質年率 限度額 審査期間
3.0%~18.0% 1~800万円 最短30分

※お借入れ総額により収入証明書(源泉徴収票等)が必要