消費者金融とヤミ金って何が違うの?

消費者金融=借金をするところで、何か怖いイメージがある、と思われている方も多いでしょうし、暴利で貸付を行なうヤミ金(闇金融)とよばれるアウトローな組織も世の中には存在します。
キャッシングが初めての方も、利用したことがある方も、まずこれらの組織は全くの別モノである、ということを覚えておいてください。

消費者金融業者とは、貸金業法という法律によって定められた範囲の中で、顧客に対して貸付を行なう業者であり大手メインバンクの子会社、あるいはメインバンクを提携先としているところがほとんどです。

一方でヤミ金とは、一般的に出資法という法律に違反する高い金利で貸付を行なう業者のことを指します。いわゆる”トイチ”(10日で1割の利子)といった暴利での貸付を行い、取立ても違法な方法で顧客を追い詰めていく場合が多いのが特徴です。
この違法な存在であるヤミ金は、巧妙にその姿を隠しており、社会の中にまぎれています。

貸金業者には金融庁から「貸金業登録番号」という登録コードが配布されますが、HPや広告に嘘の登録番号を記載している場合やこの「貸金業登録番号」を持っているヤミ金も存在するのでやっかいです。
また、新聞や雑誌に堂々と広告を出すものや、有名な消費者金融業者やカード会社に酷似した名前とロゴを使ってダイレクトメールを送ってくる場合もあり、信用できる業者だと勘違いさせる手法が存在します。

その他携帯電話の番号を取引先番号としている場合もありますが、これは100%違法です。貸金業登録をする場合、固定電話を設置することが条件となっているため、携帯電話での受付をしている業者は絶対に信用しないでください。

多重債務に陥ってしまい、ノンバンクからの融資が受けられなくなってしまった人が最後にすがる場所がヤミ金であると思うのですが、このヤミ金からお金を借りてしまった場合、返済することは相当に厳しいと思います。ヤミ金に頼る前にまずしなければならないことは債務整理や自己破産であり、頼る相手は弁護士です。

また、もしヤミ金からお金を借りてしまった場合どうしようもないのか、というとそうではありません。ヤミ金とはその存在自体が違法なため、利息分に留まらず、実は借り入れた元本すら法律上返済義務が無いのです。

とにかく一般の方が係わり合いになってはいけない組織がヤミ金であり、消費者金融業者とは全く異なる存在です。借入れを行なうのであれば、メインバンクから融資を受けている大手の消費者金融業者を利用するようにしてください。

希望の条件で探す

借入限度額

審査時間

融資までの目安

検索条件を追加

職業

特徴

利用可能なATM