総量規制って何のこと?

キャッシングやカードローン、クレジットカードの申し込みを考えているみなさんは、「総量規制」という言葉をどこかで聞いたことはないでしょうか?

「総量規制」とは、2010年6月18日に施行された改正貸金業法によって定められた仕組みのことで、個人が貸金業者から借り入れることが出来るの限度額を収入の3分の1までとする、というものです。
この改正貸金業法ではこれまでのグレーゾーン金利を撤廃し、上限金利を年20%までと定めました。

これは、社会問題にもなっていた多重債務に陥る人を救済し、新たな多重債務者の発生を未然に防ぐという目的で導入されましたが、一方で真面目に借入れと返済を行なって来た方も大口での借金をしにくくなってしまった、という側面もあります。

ここで注意して頂きたいのは、いくら年収が多く、返済能力がしっかりした方であっても、貸金業者からの借入れ金額に加え、クレジットカードに設定されているキャッシング枠の合計がこの総量規制にひっかかってしまえば新たな借入れが出来なくなる、ということです。

クレジットカードやキャッシングの審査に落ちてしまった場合、通常その理由は教えてはくれません。総量規制にひっかかって審査落ちしてしまう可能性があるので、知っておくとよいでしょう。

希望の条件で探す

借入限度額

審査時間

融資までの目安

検索条件を追加

職業

特徴

利用可能なATM