収入証明書とは何ですか?

収入証明書とは1年間にどれぐらいの収入(所得)があったかを証明するための書類です。
一般的にカードローンを組むには本人に一定の安定収入がある方を対象にしている場合がほとんどです。
あなたにどれだけの所得があるのか?どれほど安定した収入があるのかを審査の時に判断しています。それを証明するために必要になるのが収入証明書、または所得証明書とも呼ばれるものです。

会社員の方であれば、毎年12月に行っている年末調整の時に職場から受け取る「源泉徴収票」などが、1年間(前年1月1日~12月31日)の収入額を証明する資料として利用できます。

また、市区町村役場で発行できる「課税証明書」、「住民税額」にも所得金額が記載されます。
これらも所得証明書と呼ばれます。

自営業の方も市区町村役場で発行できる「納税証明書」などで収入額を証明できます。

賃金業法改正で、総量規制として年収の3分の1を超える貸付が禁止されています。
そういったことを受けて、貸金業者としても多額融資の際には年収額を事前に把握しておく必要があります。

実際に始めてカードローンを申込む際には最初から多額の限度額を提示してくれることはあまりないのが現状です。
よく聞くのは10万円~50万円程度の限度額の提示が多いようです。
なので最初から収入証明書の提出が必要になるような契約には至らないことがほとんどです。
まずは借入した金額をしっかり返済し、返済実績と信用が認められれば徐々に限度額も上がります。

カードローン申込み時の収入証明書の提出条件

カードローン名 収入証明書の提出条件
プロミス 利用額50万円超
アコム 利用額50万円超

収入証明書の提出は50万円を超えると必要になる会社が多くありますが、上記のとおり最初から多額の借入契約は難しいため、影響もさほど感じることはないでしょう。

希望の条件で探す

借入限度額

審査時間

融資までの目安

検索条件を追加

職業

特徴

利用可能なATM