住宅ローンや自動車ローンがあっても新規借入れは可能?

2010年6月に施行された改正貸金業法では、年収の3分の1を超えた借入れは原則不可能である(総量規制)として定められました。

では、住宅ローンや自動車ローンがある場合はどうでしょうか。これらは相当に大きな金額の借金であり、年収の3分の1を超えてしまっている場合もあると思います。

実は総量規制には除外と例外となる貸付が定められています。
除外されるものには、不動産や自動車購入の際のローン、高額医療費の支払いに対する貸付などがあります。また、すでに年収の3分の1の借入れをしている場合でも、緊急の際に必要と判断される貸付であれば、例外として認められる場合があります(緊急時の医療費など)。
ですので、住宅ローンや自動車ローンを抱えているかたでも、消費者金融からの借入れが年収の3分の1より少なければ、新規での借入れも可能です。

希望の条件で探す

借入限度額

審査時間

融資までの目安

検索条件を追加

職業

特徴

利用可能なATM