グレーゾーン金利ってなんですか?

2010年6月18日に出資法改定され以降、利息制限法、出資法で定められた上限金利は20%となっており、それを超える金利での貸付は違法です。

出資法が改定される以前は、利息制限法の上限金利(貸付額によって15%~20%で変動)と出資法の上限金利(改定前29%)の2つが異なる利率となっており、この20%以上29%未満の金利での貸付は、利息制限法では違反ですが、出資法では刑罰の対象とはなっていませんでした。これがいわゆる「グレーゾーン金利」と呼ばれるもので、法律が改正されたことによってこのグレーゾーン金利は撤廃されました。

なぜこのグレーゾーンでの貸付が横行したかというと、出資法の上限金利を超えた貸付は刑事罰の対象となりますが、利息制限法を超えた貸付は民事上無効になる、というものだったため、訴えられなければ罰せられることがなかったためだと思われます。

最近よく耳にする過払い請求とは、20%を超えた貸付に対しては支払い義務がなくグレーゾーン金利での貸付は違法であると法律に明記されたことによって、グレーゾーンでの貸付を行なっていた悪徳業者に対し、過去の支払いに対する払い戻しを求める請求のことです。

希望の条件で探す

借入限度額

審査時間

融資までの目安

検索条件を追加

職業

特徴

利用可能なATM