キャッシングの種類

キャッシングには大きく分けて、銀行・信販会社が発行しているカードローン、消費者金融でのキャッシングのほか、クレジットカードについているキャッシング枠を利用する方法があります。

銀行:カードローン

基本的にキャッシングという言い方はせず、「カードローン」と呼ばれています。キャッシングとの大きな違いはありませんが金利面で優れているのが特徴です。

大手有名銀行のほか、信販会社や地方銀行などでも取り扱いを行なっており、15%程度の低金利で大口の融資が受けられるため近年ニーズが高まっています。一方で銀行カードローンは審査の基準が高く設定されており、申し込み先銀行と保証会社2つの審査を受ける必要があるため、消費者金融業者に比べ審査は厳しくなっています。

消費者金融系:キャッシング

消費者金融業者が取り扱う金融商品で、小口の融資が中心となっています。金利面では18%前後とやや高めで銀行系カードローンには遅れを取りますが、審査が完了するまでの時間が非常に早く、即日融資可能などスピーディーなサービスが売りとなっています。学生や主婦を対象とした商品もあり、定期的な収入があれば申し込みが可能となっているので、幅広い顧客層に利用されています。

総量規制の対象となるので年収の3分の1を超える借入れは出来ません。

クレジットカード系:キャッシング枠

クレジットカードの申し込みの際、キャッシング枠を希望することでクレジットカードにキャッシング機能をつけることが出来ます。利用できる限度額は、銀行系・消費者金融系のちょうど真ん中ぐらいとなっており、カードの審査・発行にやや時間はかかるものの、クレジット機能がついて使い勝手がよいという特徴があります。金利面では18%前後と消費者金融業者と同じくやや高めの水準となっています。

こちらも総量規制の対象となりますが、注意してもらいたいのは、キャッシング枠は設定しているだけで、実際に借入れを行なっていなくても、借入れ金としてカウントされるということです。つまり全く使っていないクレジットカードにキャッシング枠を設定してしまっていると、全く借金をしていないにもかかわらず総量規制の枠を圧縮してしまい、それが原因で他社の借入れ審査に落ちてしまうこともあるのです。

希望の条件で探す

借入限度額

審査時間

融資までの目安

検索条件を追加

職業

特徴

利用可能なATM