カードローンとキャッシングの違い

金融機関から現金融資受ける方法として、キャッシングの他にカードローンという単語を聞きますが、これらに違いはあるのでしょうか。

一般的に家や自動車などの大きな資金が必要な買い物を行なう場合、足りない資金をローンという形で銀行などから融資を受けることが出来るのはご存知でしょうか。融資枠は申し込みの金融機関による所定の審査によって決められ、返済方法は毎月決まった金額を所定の期日に支払っていくというリボルビング払い形式が採用されています。

リボ払いにはいくつか種類がありますが、ローン返済の場合、返済によって残高が減るごとに、毎月の返済額も徐々に減っていく、残高スライドリボルビング方式が採用されることが多くなっています。

最近では、専用カードを発行することで、身近にあるATMからも限度枠内で融資を受けられる「カードローン」と呼ばれる金融商品が登場しました。返済も余裕がある時にはカードでATMに追加返済が出来るようになっています。

このようにローンの元々の定義は銀行などの大手金融機関から「大口の融資を分割払いで返済していくもの」となっていますが、一方でキャッシングとは消費者金融業者から「一括返済を前提とした小口の融資を受けるもの」というものでした。現金調達のための短期利用で返済も一括返済であるため、金利がローンに比べ高く設定されていることが多いという特徴がありました。

しかし近年では、カードローンでも小口の融資に対応しており、キャッシングも分割払いが基本で、専用キャッシュカードを利用してのATMでの融資・返済が可能となっています。以前は異なる定義付けがされていたカードローンとキャッシングですが、徐々にそのような線引きは無くなってきており、ほぼ同義で使われているのが現状です。

一般的に銀行が取り扱っている金融商品をカードローン、消費者金融業者の場合はキャッシングと言う場合が多く、金利はカードローンの方が若干低く設定されていますが、銀行が直接融資を行なうので審査が厳しいと言われています。

希望の条件で探す

借入限度額

審査時間

融資までの目安

検索条件を追加

職業

特徴

利用可能なATM